有効成分

プラセンタを注射した人が献血ができない理由

プラセンタ注射を受ける方も少なくありません。
疲労回復を目的として、プラセンタを受ける方もいらっしゃいます。
肩こりや腰痛などを改善する為に受ける方もいらっしゃいますし、だるかったり疲れが抜けない方が、プラセンタ注射で改善されることもあります。

又、生理不順や生理痛で困っている方や、更年期障害、肝障害の治療に用いられることもあります。
それに、くすみやくま、しわを改善し、美肌を手に入れる為に受ける方も中にはいらっしゃいます。
プラセンタ注射は、医療機関によって料金が異なります。

効果を実感するまでに、個人差があるのですが、2か月から3か月くらい要する方が多いようです。
プラセンタ注射を受けると、献血ができなくなります。
なぜでしょうか。

それは、プラセンタとは胎盤から抽出されたものだからです。
医療用の医薬品としてきちんと求められているものであり、多くの方が治療に使用している物なのですが、念には念を入れてこのような決まりになっているのです。
今まで何十年もの間、プラセンタ注射は使用されてきたものです。
また、プラセンタ注射の安全性についてもっと知りたい方はhttp://www.wolflaurelresort.com/honto.htmlをご覧ください。


心配している「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」も、一例も出ていません。
感染の心配もほとんどな無いのですが、献血はできないことになっています。
動物・海洋・植物性プラセンタのそれぞれのメリット・デメリットはとても気になりますね。
是非ご覧ください。

このページの先頭へ